高く売りたい方(仲介売却)

  • HOME
  • 高く売りたい方(仲介売却)

不動産会社に買い主探しを依頼する仲介売却

不動産を売却する代表的な方法は二つ。一つは不動産業者が間に入り、一般の購入希望者を探す「仲介売却」で、もうひとつは不動産業者が売り主から物件を直接購入する「不動産買取」です。こちらでは豊中市の阿波住研が前者の仲介売却について、その考え方や特徴、売却までの流れについてご説明します。

仲介売却とは

売り主であるお客様のご依頼を受けて不動産会社が一般の買い主を探し、成約に至ると売り主様が不動産会社に仲介手数料を支払う仕組みが「仲介売却」。不動産会社が売り主と買い主の仲介役を果たすところからこの名称がつけられています。

売却を依頼された不動産会社は折込チラシやポスティング、ミニコミ誌への広告掲載、インターネットメディアへの情報掲載、不動産流通ネットワークを駆使して購入希望者=買い主を募り、契約手続きを経て、売却を成立させます。一般に、ご依頼から引き渡しまで3ヶ月から半年程度を要します。

メリット

高い金額で売却できる可能性がある

高い金額で売却できる可能性がある

売値を売り主自身が任意に設定でき、しかも理想の条件で購入してくれる購入希望者=買い主をじっくりと待つことができるため高い金額で売却できる可能性が広がるのが仲介売却のメリット。とくに現金化を急がないような場合は、買取よりもこちらがおすすめです。
ただし、時間をかけ過ぎると「売れ残っているのは何か物件に不具合でもあるのでは?」と、憶測を呼ぶ原因にもなりかねません。もし、マイナスイメージがつけばかえって安く売らなくてはならなくなるので要注意です。

いろんな意見や感想を聞くことができる

いろんな意見や感想を聞くことができる

仲介売却を利用すると、内覧会などを通じてさまざまな購入希望者との接点ができ、そうした方々から多くの情報を入手することが可能になります。たとえば、売却物件に関する具体的な意見や感想、検討中の別物件に関する情報など。第三者による貴重な意見や情報は、その後の売却活動に必ず役に立つはずです。

ライフスケジュールをじっくり考えることができる

ライフスケジュールをじっくり考えることができる

仲介売却となれば、3ヶ月~半年程度のスパンで売却・引き渡しとなるケースが一般的。このように時間的な余裕があるので、住み替えなどが必要な場合でも資金計画や引っ越しなどのスケジュールもゆとりをもって考えることができます。
ただし、想定よりも早く売却が決まるようなことがあると、場合によっては買い主側から早々に引き渡しを要求されることもあり、その点は注意が必要です。

売却までの流れ

仲介売却のプロセスは下記の通りです。一般に売却相談から物件引き渡しまで3ヶ月から半年はかかると考えておけばよいでしょう。

売却相談
いくらで売れるのか? 売却に要する時間は? 費用はどの程度かかるのか? 売却のスケジュールはどうか?──など、自宅などを売却したい方からのご相談に対し、不動産会社はこれまでの経験などから適切なアドバイスを提供いたします。また、実際に現地・現物を調査して、物件の査定額を算定いたします。
査定価格提示
査定の結果から売却予想価格を算定し、お客様に提示いたします。この予想価格には、土地や建物の状況、住宅設備、周辺環境、市場相場、条件の似通った物件に関する過去の売却事例などが加味されています。
売却活動開始
査定価格に納得いただくと、売り主と不動産会社の間で媒介契約を締結。そこから具体的な売却活動がスタートします。折込やポスティング、インターネット広告をはじめレインズ(不動産流通標準情報システム)を活用して購入希望者を募っていきます。
買い受けの申し込み・価格交渉
購入希望者と価格や引き渡し条件などの交渉・調整を行い、双方が合意に達したら、いよいよ売買契約の締結となります。
決済・引き渡し
売り主は不動産会社から売却価格から仲介手数料を差し引いた残金を受け取り、同時に買い主へ物件の引き渡しが行われます。仲介売却はこれで完了です。