不動産売却成功のポイント

  • HOME
  • 不動産売却成功のポイント

不動産売却で失敗しないために

ご自宅などを売却するといった経験は、一般の方にとっては一生に何度もあることではないでしょう。だからどうしても十分な予備知識が足りなかったり、契約に対する心構えができていなかったり、安易に業者を選んでしまったりして後悔してしまいがち。こちらでは、豊中で不動産売却を手がける阿波住研が、不動産売却で失敗しないためのポイントについてお話しします。

不動産売却で大切なこと

大切な資産である自宅や不動産であれば、できる限りよい条件で売りたいと願うのは当然のことです。ただし、漠然とそう考えているだけではなかなかよい結果は得られないでしょう。下記の点についてしっかり把握し、準備万端に整えた上で不動産売却に臨みましょう。

不動産売却=仲介売却とは何かを知っておく

不動産売却は別名「仲介売却」と呼ばれます。これは、売り主であるお客様のご依頼によって不動産会社が一般の買い主を探し、成約に至ってから、売り主が不動産会社に仲介手数料を支払う仕組みがあるためです。

なお、売り主であるお客様から売却の依頼を受けた不動産会社は広告やインターネットメディア、REINS(レインズ)と呼ばれる不動産流通ネットワークを活用して購入希望者を募り、契約手続きを経て、売却を成立させます。

少しでも高く売るなら「不動産買取」よりも「不動産売却」

不動産を現金化する方法には、不動産売却のほかに不動産会社に直接、不動産を買い取ってもらう「不動産買取」という方法があります。買取のよいところは購入者を探す手間も省けてスピーディーに現金化できる点ですが、その分、得られる金額は仲介売却と比べるとどうしても低くなりがちです。

その点、不動産売却は売値を売り主自身が任意に設定でき、買取に比べ格段に高く売ることができます。とくに現金化を急ぐ必要がない場合などは不動産売却を選択するとよいでしょう。

売却を成功させる3つのヒント
売却する物件のよい面をアピールする

売却する物件のよい面をアピールする

どんな物事にもプラス・マイナスの両面があります。たとえば郊外などで多少不便な立地でも見方を変えれば自然環境や景観のよいロケーションをアピールできます。

これまで長い間暮らしてきて不満ばかりが募ってきているような家でも、別の視点から見れば魅力的なポイントがいくつか発見できるはずです。ご自宅を売却する場合は、まず、こうした“魅力探し”、“アピールポイント探し”から始めるとよいでしょう。

買っていただく、という気持ちが大切

買っていただく、という気持ちが大切

商売は相手があって初めて成立するもの。それは、不動産売却でも同じです。“売ってやる”といった高圧的で不遜だと相手の方に受けとめられてしまうような態度では、買い手はなかなか現れないでしょう。むしろ、商売の原点に立ち返って“買っていただく”という気持ちで、売却に臨むのがベストと言えます。

もちろん、商売は駆け引きの側面もあるので、契約に至るまでには購入希望者の方と金額や条件などで諸々の駆け引きや交渉が発生するかもしれません。ただ、これまで多くの成約事例を見てきた立場からすれば、最終的には売り主、買い主の双方が互いに歩み寄る過程で親しい間柄になるということが少なくありません。

前向きな売却理由を考える

前向きな売却理由を考える

なぜ、その自宅を手放すのかを購入希望者から尋ねられても、決して「家の中が狭いから」とか「使い勝手が悪いから」とストレートに答えるのは賢明ではないでしょう。そのような場合でも、「家族が増えて手狭になったから」、「ライフスタイルが変わったから」といった前向きな理由に置き換えて回答しましょう。

不動産売却に置いて大切なのはプラスのイメージを先行させることです。このように先手を打っておけば、「何かトラブルがあって手放したのではないか」といった不要な憶測を回避することもできます。

売却にかかる主な費用を知っておく

不動産売却では下記のような費用がかかります。大きな額ではありませんが、あらかじめ出費を想定しておくべきでしょう。

登記費用 土地と建物に抵当権、担保権などが設定されている場合は、司法書士に抹消手続きを依頼します。その際の費用は数万~10万円程度で、抹消する登記の数が多いとその分、金額は高くなります。
印紙税 契約書に貼付する印紙の代金(印紙税)です。なお、印紙税額は契約書に記載された金額(取引額)によって決められます。たとえば500万円以上~1,000万円未満なら5,000円、1,000万円以上3000万円未満の売買契約書には1万円分の印紙が必要になります。
仲介手数料 売却が成立した際に不動産会社に手数料として支払います。一般に400万円を超える物件の場合は、売却金額の3%+6万円が仲介手数料となり、これに消費税が別途かかります。
譲渡所得税 不動産を売却して利益が出た場合には売却金額から諸費用を除いた所得に譲渡所得税が課税されます。ただ、代金が不明であったり、少額であったりする場合は、譲渡額の5%を課税対象所得とすることもあります。
不動産会社はこの3つを見て選ぶ
その地域の不動産に強い会社かどうか

多くの方は、全国展開しているような大手の不動産会社によいイメージを抱きがちです。しかし、不動産売却となると話は違います。なぜなら、大手の場合、都心部はともかく地域の不動産市場には意外に疎い傾向がみられるからです。

その点、阿波住研は豊中に根を張って40年。地元に密着した営業展開で、豊富な売買実績を誇ります。もちろん地域の不動産市場や相場にも精通しているので、査定額の算定も確か。しかも、確かな情報力と業者間連携でスムーズな売却をお約束できます。

不動産売買に実績があるか

多くの方は査定額の“額面”で業者の良し悪しを判断しがちですが、その不動産会社が期待通り売却してくれるとは限りません。注目すべきなのは、その業者に十二分な売買実績があるかどうかです。

阿波住研では売却のプロである代表者自身が査定から販売活動までを一貫して行っています。私たち阿波住研に大切な自宅や不動産売買を安心しておまかせください。

REINS(レインズ)への登録はあるか

指定流通機構「REINS」とは、「Real Estate Information Network System」と呼ばれる「不動産流通標準情報システム」のこと。国土交通大臣から指定を受けた東日本、中部圏、近畿圏、西日本の4つの「指定流通機構」によって運営されていて、指定流通機構の会員である不動産会社はこのレインズを通じて不動産情報の入手や提供を行っています。

つまり、不動産売却がスムーズに行えるかどうかは、このレインズの力が働いているかどうかが大きな鍵をにぎっているということがいえるのです。もちろん、阿波住研は近畿レインズに加盟しています。